『PlayerUnknown’s Battlegrounds』ウィークリー早期アップデート10のパッチノートが公開、あわせてリーダーボードのワイプもアナウンス

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds』にてウィークリー早期アップデート10のパッチノートとリーダーボードのワイプの詳細についてアナウンスしました。

リーダーボードのワイプについて

  • 初のリーダーボードワイプは日本時間の31日午後5時に行われる。
  • リーダーボードによる記録作業は24時間オフラインになり、5月31日午後5時~6月1日午後5時までの試合データは全て保存されない。
  • ワイプされた統計情報に関しては今後、ゲーム内で表示可能になる。

テストサーバー適用時間/ライブサーバー適用時間

  • テストサーバー:日本時間5月31日未定
  • ライブサーバー:日本時間6月1日午後5時から1時間

6月1日パッチノート

クライアントのパフォーマンス

  • 車両クラッシュ時にエフェクトが過剰に発生していたため、これらを抑止するこによりパフォーマンスを向上

サーバーのパフォーマンス

  • 車両に関連するサーバーパフォーマンスの向上

不具合の修正

  • アイテムの装備を外す時にクラッシュしていた問題を修正
  • 車がクラッシュする時にクラッシュしていた問題を修正
  • DuoやSquad時にフルオートウェポンやショットガンで撃たれた時に気絶状態にならず、そのまま死亡していた問題を修正
  • 他プレイヤーのボイスチャットが飛行機内で大音量で聞こえていた問題を修正
  • ブレスゲージが特定の状況で正しく表示されるように修正
  • プレイヤーが建物や乗り物にスタックした後、「落下死」する不具合を修正
  • 多くのプレイヤーで泳いでいる時にサウンドが途切れ途切れになっていた問題を修正
  • VSSのスコープに半透明のクロスヘアが表示されていた問題を修正
  • 2人のプレイヤーが同時に蘇生を開始し、片方のプレイヤーが蘇生をキャンセルした場合、対象のプレイヤーがリヴァイヴ状態になっていた不具合を修正

情報元:Steam