Call of Duty最新作『Call of Duty:WWII』のゾンビモードのバックストーリーは実際の出来事に基づいたものに

Sledgehammer Gamesが開発を行っている「Call of Duty」シリーズ最新作『Call of Duty:WWII』のゾンビモードについてSledgehammer Games 共同設立者である Glen Schofield 氏はゾンビモードのバックストーリーは史実に基づいたものになるとコメントしました。

Glen Schofield 氏によると『Call of Duty:WWII』のゾンビモードはナチスによって作られたゾンビを取り扱うとしており「実際の出来事に基づいたバックストーリー」が存在しているとのことで、Dead Spaceのようなゲーム体験を特徴としているとのこと。

情報元:Gamingbolt/Charlie INTEL

[amazonjs asin=”B071QY1WLY” locale=”JP” title=”Call of Duty: WWII – PlayStation 4 Standard Edition – Imported”]




関連記事

フォローする