BlizzardがOverwatchプロプレイヤーに対して罰則を適用、該当選手はOverwatchアカウントの1週間停止、ライバル・プレイ シーズン5が参加不可に

maxresdefault.jpgBlizzardは同社が開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム『Overwatch』にて活動しているプロプレイヤーに対して罰則を適用したことが明らかになりました。

Blizzardによる罰則が適用されたプレイヤーはDaniel ‘Dafran’ Francesca氏で、このプレイヤーは数ヶ月前より不適切なプレイが目立っていたものの、昨夜に同プレイヤーはTwitchの配信にてOverwatchの配信を行い、その際に美少女ゲーム「NEKOPARA」をプレイ、Overwatchを半放置し、いわゆるトロール行為を行っていました(女性の半裸の映像が表示されます。ご注意下さい)。

このことに対し、Overwatch ForumsやRedditにて抗議のポストが多く寄せられ、Blizzardは同プレイヤーをOverwatchアカウントの1週間停止とライバル・プレイ シーズン5の参加不可、Overwatch Contenders season0~1への出場禁止、ライバル・プレイ シーズン5中にBlizzardが関与するトーナメントへの参加を禁止したとのこと。

またDaniel ‘Dafran’ Francesca氏が所属していたチームであるSelflessは同氏をアクティブロスターから外し、もう彼はSelflessでプレイすることは無いと明言しています。

情報元:selfless/overwatchcontenders/PCGamesN

[amazonjs asin=”1506703674″ locale=”JP” title=”The Art of Overwatch”]

[amazonjs asin=”1506705537″ locale=”JP” title=”The Art of Overwatch Limited Edition”]




関連記事

フォローする

コメント