『Overwatch』公式ブログにて架空メディア”Times of Numbani”がテロ組織”タロン”とDoomfistについて報道

Blizzardが開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム『Overwatch』にて登場する架空のメディア”Times of Numbani”は公式ブログにてニュースを掲載し、テロ組織”タロン”とDoomfistについて報じています。

”Times of Numbani”は民間セキュリティ会社であるHelix Security Internationalが管理している刑務所にテロ組織であるタロンが襲撃を行ったようですが、これまではこれらの情報に関して明らかにされておらず不明だったとのことで、この度ようやく事件の全容が明らかになったとしています。

明らかになった情報によると襲撃事件発生当日の未明に刑務所に飛行機が接近、レーダースキャンでは無人と確認されたものの、刑務所のカメラには黒い影が飛行機から降りていることが確認され、その後、その黒い影は施設職員数十人を殺害。死傷者の医療記録からリーパーが襲撃を仕掛けたと判明し、テロ組織であるタロンが関与していることが明らかになっています。

Helix Security Internationalは刑務所から逃亡した人物等を明らかにしていませんが、この襲撃はDoomfistとして知られているAkande Ogundimuの解放が目的であるのは明白だとのこと。

刑務所から脱走したAkande Ogundimuはその後、Helix Security Internationalからの追跡を振り切り、行方不明となったものの、後日Numbani国際空港にてセキュリティロボットであるOR-15と衝突し、ガントレットを強奪したことが確認されています。

情報元:Overwatch




関連記事

フォローする