”HIBANA”のガジェット”X-KAIROSランチャー”の修正や運河マップの調整を行う『Rainbow Six Siege』バージョン2.2.1アップデートに伴うメンテナンスが本日午後10時より実施

UBISoftはトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム『Rainbow Six Siege』の”HIBANA”のガジェット”X-KAIROSランチャー”の修正や運河マップの調整を行うバージョン2.2.1アップデートに伴うメンテナンスを本日午後10時より実施することをアナウンスしました。

メンテンナンス時間

  • PS4版:7月11日22時~(1時間程度を予定)
  • XB1版:7月11日23時~(1時間程度を予定)
  • PC版:7月12日0時~(1時間程度を予定)

アップデート内容

  • ゲームをプレイすることで入手することが出来る外観アイテム等がランダムで獲得できる「アルファパック」を導入する。「アルファパック」にはこれまで配信されてきたスキンや「アルファパック」からのみ獲得できるアイテムも存在する。ただし、アルファパックの実装は行うものの、慎重に実装を行うため、本日から利用出来るかは現時点で未定。
  • ”HIBANA”のガジェット”X-KAIROSランチャー”にて生じていた様々な不具合の修正を行う。具体的な点として「ランチャーのペレットが正常に動作しない」、「ペレットが壁に張り付く前に爆発してしまう」、「爆発した後もペレットが残る」といった点を修正予定。
  • 運河でのスポーンキル対策のため、スポーン地点近くにオブジェクトを多く配置などを行った。
  • 海岸線マップにある特定のマップが破壊出来なった問題を修正。

情報元:R6S




関連記事

フォローする