『スプラトゥーン2』では回線切断による試合の途中退出に対してペナルティが設定されている?

任天堂が7月21日に発売を予定しているアクションシューティングゲーム『スプラトゥーン2』にてインターネットを介した対戦にて回線切断等で試合途中に退出した場合にペナルティが発生するのでは無いかと海外にて話題となっています。

話題となっているのは下記の画像で、画像には「あなたの以前のオンラインセッションが不自然な途切れ方をしたことを確認しました。このような状態が何回も続くのであれば、しばらくの間、オンラインにてプレイすること禁止する可能性があります。ネット環境を確認したのち、もう一度接続し直してください」と表記されています。

前作である「スプラトゥーン」では試合状況が不利になった場合に、自身でネット回線を切断し試合から途中離脱するというプレイヤーが存在しており、問題となっていました。

上記のペナルティが、何日間プレイを禁止されるのかなどの詳細は不明ですが、スプラトゥーンはゲームの仕様上、1人いなくなると非常に不利になるので、回線が不安定なプレイヤーにとっては何らかの対策をしなければなりませんが、回線が安定しているプレイヤーにとってはこの仕様は嬉しい仕様になるかもしれません。

情報元:Comicbook