『Rainbow Six Siege』の累計プレイヤー数が2000万人を突破、デイリーアクティブユーザー数は230万人に

UBISoftはトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム『Rainbow Six Siege』の累計プレイヤー数が2000万人を突破し、毎日、230万人を超えるユーザーが『Rainbow Six Siege』をプレイしていることを公式ブログにて明らかにしました。

プロダクトディレクターであるNicolas Lefebvre氏は「『Rainbow Six Siege』のコミュニティは日々成長しており、今後数週間はオペレーション・ヘルスと次のシーズンとなる香港がリリースされることになるのでとてもエキサイティングなものになる」とコメントしています。

なお、シーズン3ではオペレーション・ヘルスによって延期されてしまった、本来シーズン2で配信予定だった香港オペレーターとシーズン3で配信予定だったポーランドのオペレーターの1人、そしてマップや新たな武器を実装予定とのこと。

情報元:UBIblog




関連記事

フォローする