『Rainbow Six Siege』イヤー2シーズン3「OPERATION BLOOD ORCHID」にて実装予定の3人のオペレーターの詳細がリーク

UBISoftが開発を行っているトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム『Rainbow Six Siege』のイヤー2シーズン3となる「OPERATION BLOOD ORCHID」にて実装予定の3人のオペレーターの詳細がリークされました。

ポーランド防衛側オペレーター「ELA」

ポーランド防衛側オペレーター「ELA」はめまいを発生させ、相手の聴力を奪う壁などに貼り付けることが出来る地雷「GRZMOT MINE」を使用する。

香港攻撃側オペレーター「YING」

香港攻撃側オペレーターである「YING」は壁などに貼り付けるほか投げつけることも出来るクラスターフラッシュバン「CANDELA」を扱うことが出来る。

香港防衛側オペレーター「LESION」は周囲の背景に溶け込む地雷「GU」を利用し、相手に毒によるダメージと移動速度低下を発生させる。

情報元:imgur




関連記事

フォローする