オープンワールド恐竜サバイバル『Ark: Survival Evolved』の国内向けPS4版イントロダクション映像が公開、PS4とXB1のクロスプラットフォームに関する話題も

スパイク・チュンソフトはStudio Wildcardが開発を行なっているオープンワールド恐竜サバイバル『Ark: Survival Evolved』の国内向けPS4版イントロダクション映像を公開しました。

今回の動画では2年間に及ぶアップデートの集大成を紹介した内容となっており、100種類以上の恐竜や生物が登場し、500種類以上のアイテムが存在するとのこと。

また、開発元であるStudio Wildcard ディレクターのJeremy Stielglitz 氏は自身のTwitterにて「PS4版とXbox One版でのクロスプラットフォームは出来るようになるのか」という質問に対し「内部では作業を行っているものの、現在のところソニーからの許可が降りない」とのことでPS4版とXbox One版でのクロスプラットフォームは不可能だとしています。