『PlayerUnknown’s Battlegrounds』にて今後実装予定の砂漠の町のスクリーンショットが新たに公開

Blueholeが開発を行っている100人のプレイヤーが8km四方の島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds』のディレクターであるBrendan Greene氏は自身のTwitterにて今後実装予定の砂漠の町のスクリーンショットを新たに公開しました。

新たに公開されたスクリーンショットでは荒野の中心で放置されてしまったような街が映し出されており、現在実装されている旧ソ連を彷彿とさせる島とはまた違った雰囲気を受けるものとなっています。