『PlayerUnknown’s Battlegrounds』の同時接続プレイヤー数が遂に「Dota 2」超え、同時接続プレイヤー数は86万人を突破

Blueholeが開発を行っている100人のプレイヤーが8km四方の島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds』の同時接続プレイヤー数が86万人を突破し、遂に長い間Steamの同時接続ピーク数ランキング1位となっていたMOBAゲーム「Dota 2」の同時接続プレイヤー数を超えたことが明らかになりました。

『PlayerUnknown’s Battlegrounds』の同時接続プレイヤー数が記録した86万2,373人は、歴代の同時接続ピーク数でも「Counter-Strike: Global Offensive」が2016年4月に記録した85万485人を超える記録となっており、「Dota 2」が2016年3月に記録した129万1,328人に次ぐ記録となっています。

情報元:Steam