神と神がストリートファイターのように戦い合う格闘ゲーム『Fight of Gods』がマレーシアでは閲覧ブロック及び削除されていたことが明らかに

先日よりSteamにて早期アクセスが開始されたDigital Crafterが開発を行い、PQube Limitedが販売している神と神がストリートファイターのように戦い合う格闘ゲーム『Fight of Gods』がマレーシアでは閲覧ブロック及び削除されていたことが明らかになりました。

マレーシア通信マルチメディア委員会は今回のSteamの閲覧ブロック及び『Fight of Gods』の削除は『Fight of Gods』が「多人種及び多民族の人々の連帯、調和、幸福」を脅かすものだと判断。そのうえでSteamに対して24時間の販売停止対処の猶予を設けたものの、事態が進展しなかったため、迷惑を掛ける、脅迫をする、侮辱的なコンテンツを提供してはならないと定められている「通信マルチメディア法」に抵触するものだと判断し、今回のSteam閲覧のブロック及び削除に至ったとしています。

これに対し販売元のPQube Limitedはコメントを発表しており、『Fight of Gods』はテレビや書籍、映画といった他の娯楽のように宗教をユーモラスなアプローチで注目するゲームであって、宗教的な議題を加速させるためのゲームではなく、人々を怒らせるような設計はしていないとコメント。

そのうえで、このような選択の自由が誰にも与えられていないこと、特に今回のマレーシアにて『Fight of Gods』がSteamから削除及びブロックされたことは失望しているが、特定の地域で課せられている規則や検閲を遵守し、今後はSteamに対して接触、出来るだけ早く事態の解決に乗り出したいとコメントしました。

情報元:Gamasutra/Gameinfomer/VentureBeat




関連記事

フォローする