開発者が『Overwatch』の近況を解説するDeveloper Update映像が公開、今回はレポートシステムがテーマに

Overwatch開発者による今後の『Overwatch』のアップデート等を解説するDeveloper Update映像が公開されました。今回はBlizzardの基本的価値観である”Play Nice, Play Fair”とレポートシステムがテーマとなっています。

  • レポートシステムをコンソール上に追加した。だがレポートシステムは未だ完全では無く、改善が即座に完了するということは無い。
  • ゲーム内にてレポートに基づいた処罰が行われた場合、この処罰を知らせるメール通知システムを実装した。この機能により現在までに2万通以上のメールが送られている。
  • この通知システムを最終的にはゲーム内に実装したいと考えている。
  • 報告によれば処罰された48万アカウント中、34万アカウントは何らかのレポートを受けて処罰されたもので、迷惑行為の報告を受けて「何もしない」ということは無い。
  • 現在、迷惑行為の問題に取り組んでいる開発スタッフはリプレイ機能やマッチヒストリー機能に取り組んでいるスタッフと同じ人物。「迷惑行為は開発面でもゲームの進行をより遅らせている」




関連記事

フォローする