Boss Key Productionsデビュー作『LawBreakers』は絶望的状況?、ピークタイムプレイヤー人口はクローズドベータ時のおよそ40分の1に

「Gears of War」や「Unreal」といったゲームタイトルの開発に携わっていたCliff bleszinski氏が率いるスタジオ”Boss Key Productions”のデビュー作であるアリーナシューター『LawBreakers』のピークタイム時のプレイヤー人口がクローズドベータ時のおよそ40分の1しかいないことが報じられています。

Steamのプレイヤー人口などの統計を取っているサイト「SteamChartによると、ここ24時間での同時接続プレイヤー数のピーク数は202人となっており、これは特定のユーザーしか参加出来ないクローズドベータ時のおよそ40分の1のプレイヤー数になってしまうとのこと。

また、海外メディアであるGamespotはPS4版のプレイヤー人口についても言及しており、PS4版のプレイヤー人口を詳細に知るすべは無いため、過去2週間に渡ってマッチメイキングを試みたものの、45分以上待ち続けてもマッチメイクされることは無かったと報告しています。

これに対しCliff bleszinski氏は当初プレイヤー数が少なかったものの成功を収めているオンラインTPS「Warframe」を例に上げ、本作も「Warframe」のように徐々に好調な方向へ持っていけることを信じているとコメントしました。

情報元:Gamespot/Gamingbolt




関連記事

フォローする