『PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)』の利用規約が改訂、ファイル改変が規約違反に

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8km四方の島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds(以下PUBG)』の利用規約を改訂し、ファイル改変を規約違反にしたことを明らかにしました。

Blueholeは「設定ファイルの編集は許されるのか?」という質問に対して「不公平な利益を得られるようなファイルの改変は利用規約に違反している」とコメント。そのうえで対象となるのは設定画面で変更出来ないような内容を変更することであると明言しています。

『PUBG』では過去には設定ファイルを改変し、FOV値を大きく上げて視野を広げるといった方法が存在していたため一時期問題になりました。また、現在はファイルを改変することで「霧」を削除することが可能となっているようで、こちらも現在問題となっていますが、今回の規約改訂によりこれらの行為が全て禁止となったので注意が必要です。

情報元:eurogamer