『Overwatch』にてエスコートマップ「Junkertown」の実装やD.Va、マーシーのアビリティ変更を行う1.15.0.2アップデートが実施

maxresdefault.jpg

9月20日(1.15.0.2)アップデート内容

新エスコートマップ「Junkertown」

Junkertownはオーストラリアのアウトバックに存在しています。破壊されたオムニウムから作られており、現在は女王と呼ばれる存在によって導かれているジャンカーズ達の居場所となっています。ジャッカー達は栄光と富を求めて戦い、生き残るために闘技場であるスクラップヤードで日々戦いを繰り返しています。

アーケードとカスタムゲーム

  • ランダムヒーローでリスポーンが有効になっている場合、ゲーム開始時のヒーロー選択画面が表示されなくなった。
  • ランダムヒーローに意図的に自死する場合、ヒーローが変更されるということは無くなった。しかしULTゲージはリセットされ、砲台といった配置物は消去される。
  • ランダムヒーローでリスポーンが有効になっている場合、カスタムゲームでヒーローの制限をしていない限り連続で同一ヒーローがピックされることは無くなる。

ユーザーインターフェイス

  • マップに表示されるデスアイコンは頭蓋骨からそれぞれのヒーローのものとなった。
  • 観戦中やリスポーン待機中での3人称ビューは自動的にアクションフレームを設定するようにした。

ヒーローアップデート

D.Va

  • 新アビリティ「マイクロミサイル」
    • D.Vaは衝撃によって爆発する小さなロケットを弾幕のように発射し、各爆発の周りの限られた半径にダメージを与える。「マイクロミサイル」は他のアビリティを使用している間やフュージョンキャノン発射している間でも使用できる。
  • ディフェンス・マトリクス
    • ディフェンス・マトリクスのリソースメーターは従来の2倍の早さで消費するようになった。
  • ブースター
    • フュージョンキャノンはブースター中で発射出来るようになった。

マーシー

  • リザレクト(ULTからアビリティに変更)
    • 半径内にいる全てのプレイヤーではなく、1人のプレイヤーのみが対象となる。
    • 半径を5mに縮小
    • アビリティのクールダウンは30秒
    • リザレクト中の無敵を消去
  • ヴァルキリー(新たなULT)
    • ヴァルキリーはマーシーのヴァルキリースーツをフルパワーに発揮し、武器や能力を20秒間強化する。
      • カドゥケウススタッフ:マーシーのダメージブースト/ヒールはターゲットとする味方プレイヤーの周りにいるプレイヤー全てに反映されるようになる。
      • カドゥケウスブラスター:弾薬が無限となる
      • ガーディアン・エンジェル:範囲と移動速度上昇
      • リザレクト:ヴァルキリー発動時にクールダウンがリセットされ、ヴァルキー中はクールダウンが10秒に変更される。
      • ホバー:自由に空を飛ぶことが可能となる。
      • リジェネレーション:ダメージを受けた際も自身の回復が中断されることは無くなった。

ラインハルト

  • バリアフィールド
    • シールドがアクティブな状態でもメイン攻撃のボタンを押すことでカメラを回転させることが可能に

情報元:Overwatch




関連記事

フォローする