『Friday the 13th: The Game』にて水着スキンを追加するDLC「Spring Break 1984 Clothing Pack」の販売が開始、今後の開発ロードマップの話題も

Gun Media及びIllfonicは同開発元が作製を行なっている映画“13日の金曜日”をゲーム化した非対称型マルチ対戦ホラーゲーム『Friday the 13th: The Game』にてカウンセラー達に水着のスキンを追加するDLC「Spring Break 1984 Clothing Pack」の販売が開始しました。

Spring Break 1984 Clothing Pack」ではカウンセラー向けにそれぞれ3種類の水着スキンが用意されており、価格は205円となっています。

また、これに合わせて『Friday the 13th: The Game』の開発ロードマップも公開されており、本来2017年夏にリリースが予定されていたシングルプレイヤーモードに関してはゲーム内に多くの問題があり、これらの問題を放置してコンテンツを追加すること出来ないとのことで延期してしまっているとのこと。現在は開発の人数を増やして開発スピードの増加を図っていることを明らかにしています。

なお、シングルモードに関してはプレイヤーから期待されていた映画版「13日の金曜日」のストーリーを体験出来るようなものでは無く、バーチャルキャビンと呼ばれる博物館のようなコンテンツ、オフラインBOT戦、チャレンジモードになるとのこと。

情報元:Steam