『Overwatch』にてグリッチを利用することで通常の2倍の人数となる擬似的な12vs12が出来ると話題に

Blizzardは同社が開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム『Overwatch』にて本来の6vs6では無く、擬似的ながらも12vs12をグリッチを利用することで体験することが出来ると話題になっています。

『Overwatch』は本来のモードは6vs6でカスタムゲームを使用することで3vs3や1vs6といった変則的な人数にすることは出来るものの、両チームの人数を6人以上にすることは出来ません。しかしバージョン1.15.0アップデート以降、グリッチを利用することでプレイヤー12人とBOT12人の擬似的な12vs12を実現することが可能となっているようです。

このグリッチの利用方法に関しては明確な方法は分かっていないものの、動画を見る限りでは12vs12でも遅延等は見られずスムーズにゲームは動作するようで、奇しくも発売直後から要望としてあった12vs12が擬似的なものながらもグリッチを利用することで実現出来てしまったことになります。




関連記事

フォローする