『Overwatch』にて早期離脱などの行為を行わなくてもシーズンBANされてしまう不具合が発生中

Blizzardが開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム『Overwatch』のライバル・プレイにて早期離脱などの行為を行わなくてもシーズンBANされてしまう不具合が明らかになりました。

Jeff Kaplan氏からのアナウンスによると現在、早期離脱等の罰則行為を行わなくてもレーティングが減少してしまい、最終的にはシーズンBANを受けてしまうようです。なお、同氏はこの不具合の影響を受けたプレイヤーは200件未満だとしており、影響を受けたプレイヤーへの対処としてシーズンBANを解除し、また失われたレーティングに関しても復旧させるとのこと。

現在のところ、この不具合の修正は開発チームの最優先事項としていますが修正時期は未定としています。

情報元:Overwatch Forums




関連記事

フォローする