未来のデトロイトでの人間とアンドロイドの関係を複雑に描いた新作ADV『Detroit Become Human』の冒頭13分のプレイ影像が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は9月21日から24日に千葉県・幕張メッセで行われたゲーム見本市「Tokyo Game Show 2017」のライブショーにて公開された『Detroit Become Human』の冒頭13分のプレイ影像を公開しました。

今回公開された影像はゲーム本編の冒頭13分となっており、影像では捜査官タイプのアンロイド”コナー”を中心とした物語が展開されています。動画内ではプレイヤーが操作する”コナー”の捜査の関与に対して被害者一家から捜査関与を拒否される、同僚であるはずの捜査班からは無視されるといったアンドロイドへの偏見とみられる場面が散りばめられており、本作での人間とアンドロイドの関係はとても深い溝があることを見て取れる内容となっています。

『Detroit Become Human』はPS4向けに2018年リリース予定とのこと