『Destiny 2』にてアップデート1.0.3以降に生じている複数の不具合を修正するアップデート1.0.3.1がアナウンス

Bungieは同社が製作を行っているゲームタイトルの直近の情報などを提供している”今週のBUNGIE”にてDestiny 2』にてアップデート1.0.3以降、生じている複数の不具合を修正するアップデート1.0.3.1を10月4日午前0時より実施することをアナウンスしました。

メンテナンスは10月4日午前0時より開始され、0時からはサインイン不可、1時からは全アクティビティ強制退出と段階的に実施されていき、午前4時にメンテナンスの終了を予定しているとのこと。

なお、アップデート1.0.3.1にて修正が予定されている箇所は以下のとおりとなっています。

  • キャラクターを削除すると、ベテランのトランスマット効果にアクセスできなくなる可能性がある問題を修正。
  • パワーレベルが10でも、クランエングラムを通してナインの試練やレイドの報酬がもらえていた問題を修正。
  • エキゾチッククエスト過程「陛下の印」が正しく進行していなかった問題を修正。
    • クエストの進行は依然1個ずつだが、クエスト過程で収集を求められる印は10個のみになった。
  • 週一のリセットの後、一部のプレイヤーにレイドのマイルストーンが表示されていなかった問題を修正。(レイドの報酬に影響なし)
  • チェックポイントのある戦闘で、戦闘に失敗すると同時に完了させると、プレイヤーが継続的に死亡するか、蘇生不可の状態に陥ってしまう問題を修正。

情報元:Bungie




関連記事

フォローする