Valveが海外3Dプリントサービス最大手のShapewaysとライセンス提携、Steamに関連したファンメイド商品の作製と販売が可能に

PCゲームのダウンロード販売プラットフォーム「Steam」の運営等を行っているValveは海外3Dプリントサービス最大手のShapewaysとライセンス提携を行ったことを発表しました。

今回のライセンス提携により、Shapewaysを利用しているユーザーにはValveのライセンスが自動で発行されるようになり、Shapewaysのユーザーは「Portal」、「Dota 2」、「CS:GO」、「Half-Life」等に関連し自身が作製した3DデータはValveの承認がなくても自由に製品の販売を行うことが可能になるとのこと。

なお、ロイヤリティに関しては売上が発生した際に自動で10%が引かれるとのことで、ハードウェア向けのアクセサリにはロイヤリティは発生しないとしています。

情報元:Shapeways/Shapeways




関連記事

フォローする