F2Pメックシューター『HAWKEN』のPC版のサービス終了がアナウンス、2018年1月2日にサーバーを閉鎖

現在はReloaded Gamesが権利を所持し、505 Gamesがパブリッシャーを行っているF2Pメックシューター『HAWKEN』のPC版のサービス終了がアナウンスされました。

『HAWKEN』開発チームのFacbookで発表された内容によると本日より有料コンテンツの販売を終了し、2018年1月2日にSteamにてリリースされているPC版のサーバーを閉鎖するとのこと。

開発チームはSteamにて『HAWKEN』のリリースが開始された2014年からの開発の旅はとても素晴らしいものだったとしており、プレイヤーから送られてきたフィードバックはとても貴重で有益なものだったと開発協力への感謝の言葉で締めくくりました。

情報元:facebook




関連記事

フォローする