Microsoftが『PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)』の独占契約期間の延長をBlueholeと交渉中か、Bloombergが報道

先程、現在のサーバー不安定化に関する発表をお伝えしたバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds(以下PUBG)』ですが、海外サイトのBloombergはMicrosoftが本作の独占契約期間の延長をBlueholeと交渉中であると報じました。

Bloombergはこの話題に精通している人物からの情報として情報元に関しては明らかにしていませんが、同サイトは少なくとも『PUBG』が2018年中頃まではコンソールではXboxにて独占で販売される可能性があるとしています。

なお、この報道に対してはMicrosoftはコメントを拒否し「現在、チームはXbox OneとPCに最高のゲームをもたらすことに専念している。現時点でこれ以上の発表はない」とこれまで発表されてきた内容を繰り返すのみでコメントを留めました。

情報元:Bloomberg