『PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)』のPC版バージョン1.0及びXbox One版リリースまでの予定が明らかに、あわせて今週のアップデート内容も

Blueholeは同スタジオが開発を行っているバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)』のPC版バージョン1.0及びXbox One版リリースまでのロードマップを明らかにし、あわせて今週のアップデート内容を公開しました。

■ローンチまでのおおまかな道筋

  • 開発チームは現在、PC版バージョン1.0とXbox Oneゲームプレビュー版の開発に重点を置いている。ローンチビルドを安定させることに全力を尽くすため、今週を除いてライブサーバーにパッチを導入する予定はない。
  • しかしボールディングやクライミングといった機能はゲームに大きな影響を与えるため、少なくとも1ヶ月はテストを行う必要がある。そのため今後少なくとも3回テストサーバーを稼働させる。

■テストサーバー運用計画

  • テスト段階
    • 第一段階:ボールディングとクライミングのテストに集中
    • 第二段階:ボールディング&クライミングのテスト、その他の新しいコンテンツと機能のテスト
    • 第三段階:砂漠マップを含む全ての新しいコンテンツと機能のテスト
  • テストサーバーでテストするコンテンツと機能は少なくとも2~4週間テストする必要がある。短いテストの後にライブサーバーへの更新を急いで行うと、安定したサービスを提供することが難しくなってしまう。
  • 10月下旬又は11月初めにはボールディング&クライミングを実際に試してみることが可能になる。テストスケジュールについては後ほど更新予定。

■リーダーボードの更新とFPPサーバー

  • 私たちはリーダーボードの最適化に取り組み、安定した動作を保証してきた。
  • リーダーボードシステムのアップデートには予想より時間が掛かってしまい、10月20日に遅らせる必要がある。
  • 新たにKRサーバーとJPサーバーを追加し、全てのモードを実装する。さらにSA,SEA,OCEにはFPPスクアッドモードを実装することにした。リーダーボードシステムをアップデートした後となる今週末にFPPスクワッドを追加する予定。

今週のパッチノート

サーバー適用時期

  • テストサーバー:10月16日午後7時
  • ライブサーバー:テストサーバーで安定性が保証され次第

ゲームプレイ

  • Erangelの北東側にある初期島のアイテムスポーンレベルを下げた

バグの修正

  • プレイヤーが火炎瓶に火を付けた状態で飛行機に乗ると発生していた火のアニメーションエフェクトを削除した。
  • キャラクターがメインウェポンとフライパンを同時に持つことが出来た不具合を修正
  • 観戦モードでウェポンアイコンがちらついていた問題を修正

情報元:Steam