KapkanとBlitzの強化、Elaの弱体化が行われる『Rainbow Six Siege』イヤー2シーズン3.2のパッチノートが公開

UBISoftが開発を行っているトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム『Rainbow Six Siege』にてKapkanとBlitzの強化、Elaの弱体化が行われるイヤー2シーズン3.2のパッチノートが公開されました。

今回のアップデートではKapkanが5つの侵入阻止デバイスの所持が可能になりダメージが50から60に増加、Blitzがシールドを使用しながらダッシュできるようになるといったオペレーター強化の他にもElaのSMGの反動を調整、GRZMOTマイン所持数減少といったオペレーター弱体化、ネットワークパフォーマンスの向上などが含まれているとのこと。

パッチノートの詳細は下記のリンクより確認ください。




関連記事

フォローする