開発者が『Overwatch』の近況を解説するDeveloper Update映像が公開、今回は観戦システムの刷新がテーマに

Overwatch開発者による今後の『Overwatch』のアップデート等を解説するDeveloper Update映像が公開されました。今回は観戦システムの刷新がテーマとなっています。

  • Overwatch World Cup 2017に参戦するチームは現在の青と赤に分けられて表示されるのでは無く、それぞれのチームのテーマカラーに沿ったユニフォームとなる。このユニフォームにはプロスポーツ選手のようにアウェイとホームの2種類が存在詞ている。
  • 観戦者及び配信者向けのツールとしてゲームの状況を俯瞰で見ることが出来る2Dマップが新たに実装される。この2DマップにはヒーローのULTの状況やステータスといった様々な状況を確認することが出来る。
  • マップにヒーロー以外のTPSカメラが追加される。これはヒーローの撮影やカメラの移動などをスムーズに行わせることが可能となる。
  • 配信用ツールとして試合を大まかに振り返ることが出来るインスタントリプレイ機能を追加する。
  • トーナメント主催者によって発生しがちなミスを少なくするためにトーナメントのセットアップを自動で行うオートセットアップ機能を試験的に追加予定。
  • 試合中に回線の問題などでプレイヤーが試合から離脱してしまった際に主催者権限によって試合を一時停止させる機能を追加する。これにより再試合を行うと行った時間のロスになる要素を減らすことが出来る。




関連記事

フォローする