中国にて『PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)』が今後規制対象に?「バトルロワイヤルゲームは若者に悪影響を及ぼす」

Blueholeが開発を行っているバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds(以下PUBG)』は世界的にヒットしており、これに関しては中国も例外なく大ヒットしていますが、このことに関してロイターは『PUBG』が今後、中国国内にて規制されるのでは無いかということを報じています。

ロイターによると中国オーディオ&ビデオ協会のゲームパブリッシングおよびデジタルパブリッシング運営委員は『PUBG』といったバトルロワイヤルゲームは暴力的な表現が多く、また1人のみ勝ち残るという中国での社会主義の中核価値や伝統文化や道徳的ルールから大きく逸脱しており、これらは若者に悪影響を及ぼすと考え、バトルロワイヤルタイプのゲームの開発や輸入の停止を勧告したとのこと。

また、ストリーミングサイト等ではバトルロワイヤルジャンルのゲームには広告を付けるべきではないとも合わせて勧告しているようです。

『PUBG』のプレイヤーの内、約半数は中国人プレイヤーであるとも言われており、これらの規制が実現されれば同作には大きな影響を及ぼすことになりそうです。

情報元:REUTERS