Activisionが『Destiny 2』の販売が好調であることを報告、米国で今年最も売れたコンソールゲームになったことが明らかに

Activision Blizzardは本日、2017年第3四半期の業績報告を発表し、Bungieが製作を行っているオンラインマルチプレイヤーアクションゲーム『Destiny 2』の販売が好調であることを明らかにしました。

発表された内容によると『Destiny 2』の正確な売上は不明なものの、デジタル版が50%以上を占めており、これはActivision Blizzardのデジタル版販売数の記録を塗り替えるものとなっているとのこと。

またプレイ時間やDLC購入率に関しても前作を上回る結果になっているとしており、『Destiny 2』が米国で今年最も売れたコンソールゲームになったことも明らかになっています。

情報元:gamespot




関連記事

フォローする